• Home
  • >
  • イトロ処理装置

イトロ処理装置

NTS

主な特長

イトロ処理システムNTSは、弊社が開発した高効率フレームバーナーを使用してイトロ処理行う装置です。操作制御盤には、各流体を制御するメーター、機器を装備し、より素早く正確な炎の調整が可能です。また、ガス二重遮断弁などの安全装置も完備していますので、より安全に使用できるよう設計されています。

  • 従来のバーナーと比較して酸化炎を一定に長く延ばす燃焼方式を採用しました。
  • 処理炎が当たる時間は非常に短く、素材への熱負荷は低めです。
  • ターンダウン比は10:1以上と広範囲です。
  • バーナーは100mm~350mm(50mm刻み)でのオーダーが可能です。(燃焼幅は約14mm)
  • NTS操作制御盤
  • バーナー部(燃焼状態)

装置基本仕様

サイズ(操作制御盤) W500 × L1370 × H1540 mm (キャスター高さは含まれません)
バーナーヘッド数 1
バーナーヘッド幅寸法 150mm(標準サイズ)
電源 200V/三相
使用ガス LPGまたはLNG
使用エアー ドライ/オイルフリー 必要供給圧 0.3~0.5MPa
使用環境条件 室内温度 15℃~35℃ 湿度55%以下でご使用ください。

※上記は標準仕様です。お客様のニーズに合わせてカスタマイズも御承りいたします。

ハンディ・ナノプライマー処理装置

主な特長

ハンディ・ナノプライマー処理装置は、ナノプライマー処理技術をベースに補修、修繕、施工作業などの現場施工や、R&Dでの試作・用途開発を目的とした装置です。
現場での作業を効果的に行うため、下記の特長を有しています。

  • 持ち運びができ、且つ、頑丈なスーツケース型本体
  • バーナー、ホース、カートリッジが内部に収納できるオールインタイプ
  • 簡単に着火する自動着火機能
  • 安全性を考慮し、レバーを離せば自動失火するハンドレバー方式
  • 簡単なセットアップ作業(セットアップ時間は約1分程度)
  • 交換作業が楽なカートリッジ方式
  • ハンディ・ナノプライマー装置外観
  • ハンディ・ナノプライマー装置内部

装置基本仕様

サイズ(L×W×H) 150 × 460 × 360 mm
重量 約8㎏(本体、ハンドバーナー、ホース、カートリッジ1本含む)
カートリッジ 充填時 約310g/1本当たり ガス圧 0.4~0.5MPa(室温)
稼働時間 約100分(カートリッジ1本稼働時)※

※:使用状況や作業環境によって若干変わる場合があります。

ページ先頭へ